音程・音階の表記

音楽知識

高音ボイトレの記事をアップ中に、過去記事の中で音程(音階)の表記に間違いがあり、訂正しました。すみません。

間違ってしまったのには理由があるのですが、今回はその辺りを記事にしてみたいと思います。

主な音階表記

現在使用されている音階の表記は以下のようなものがあります。

  • イタリア式
  • ドイツ式
  • 国際式
  • 日本のみで使われる俗称

音楽の教科書では「イ、ロ、ハ・・」で表す日本式も習いましたが、全く普及していないので除外します。(ハ長調などには使われていますが)

イタリア式

おなじみの「ド、レ、ミ」で表すのがイタリア式です。とても有名ですね。

「Do(ド)、Re(レ)、Mi(ミ)、Fa(ファ)、Sol(ソ)、La(ラ)、Si(シ)」です。シャープやフラットの場合、本来は特別な呼び方をするようですが、ドシャープのように使われます。

また、オクターブの違いを表すことができないので、オクターブをまたがる音程を表記するためには使用されていません。

ドイツ式

ドから「C(ツェー)、D(デー)、E(エー)、F(エフ)、G(ゲー)、A(アー)、H(ハー)」のドイツ語読みで表します。シャープの場合は後ろに「is」をつけ、フラットの場合は「es」をつけます。

例えば、ド#だと、「Cis(チス)」、レbだと「Des(デス)」となります。

主にオペラなどのクラシック音楽で使用されており、現代音楽ではあまり使用されていません。オクターブを表す表記もありますが、この記事では割愛します。

国際式

国際的に使われている表記で、元々は英米式です。本サイトの記事も国際式で書いています。

ドから英語読みで「C、D、E、F、G、A、B」です。シャープやフラットはそのまま「#、b」をつけます。

コードの基音にも使用されているので目にしたことがあると思います。

オクターブ表記は文字の後ろに番号をつけます。440Hzのラの場合、「A4」となり、オクターブが上がれば番号を繰り上げ、下がれば番号を繰り下げます。

僕が間違ったところですが、

番号はCからBまでで区切ります。B3のすぐ上のCはC4になります。A4のすぐ下のGはG4です。

日本のみで使われる俗称

これがかなりやっかいです。例えば男性の場合、「hi-Aまで出る?」などと表現したりしませんか。「mid2Gまでしか出ない」と答えたりします。

オクターブ内の表記は国際式と全く同じで、オクターブの表記を下から「lowlow, low, mid1, mid2, hi, hihi, hihihi, hihihihi」などと表記します。どこかで制定されたものではなく自然発生的な表記方法ですが、日本国内では最も普及しています。midとか英語っぽいんですが、英語圏では存在自体知られていません。(いわゆるカタカナ英語ですね)

オクターブの表記は、男性が出しやすい音程をmid1,mid2としており、男性の喚声点を越えたAをhiAとしていると思われます。(女性のことは考えてないんですね)

ややこしいのが、オクターブはAから始まります。mid2Gのすぐ上はhiAです。

国際式と異なるため、僕の国際式での表記ミスにつながってしまいました。

オペラで有名な「high C(ハイシーまたはハイツェー)」を聞いたことがありませんか?

クラシックオペラの曲に使用されている最高音が、男性ならC5、女性ならC6であることが多く、特別に「high C」と呼ばれます。国際的には、high Cは単に最も高いドを意味し、男性と女性でオクターブが異なります。女性のオペラ歌手にhiCと伝えてもC5であると理解されません。

表記法の比較

ピアノの鍵盤と国際式と日本での俗称の対応を図にしてみました。

オクターブの境界が異なることが分かりますね。

いくつか例にすると以下の対応になります。

  • G4=mid2G
  • A4=hiA

皆さんは、僕のように間違えないように気をつけください。

 

音楽知識
おすすめ記事
リタオをフォローする
大人の習い事 −音楽にチャレンジ!−

コメント